債務整理(任意整理)の費用・報酬
アヴァンスレディース
アヴァンスレディース

任意整理とは

任意整理とは、裁判所などの公的機関を利用しないで、消費者金融やクレジット会社(債権者)と直接交渉して、これまで支払いをしてきた高金利分を元本返済に組み入れたり、将来に渡っての利息をカットするなどして、債務を圧縮する手続きのことを言います。


任意整理は、自己破産や民事再生等のデメリットを避けながらも、引き直し計算や金利のカット等により、そのまま返済を続ける場合に比べて実際に返済する金額を減額することができるという特徴があります。


任意整理の和解交渉は、弁護士・司法書士が代理人となって行います。

任意整理をすると、原則として取引開始時にさかのぼって利息制限法の上限金利(15~20%)に金利を引き下げて再計算すること(引き直し計算)で減額された元本のみを分割して返済していくことになります。

将来の金利や遅延損害金を返済する必要がなくなり、また、月々の返済額も、生活に支障のない範囲に減額することが可能になります。

交渉は専門家に

債権者との交渉は、債務者本人や家族の方がする事も可能ですが、交渉には法的知識が必要ですし、何より相手は督促や交渉のプロなので、一個人と大きな企業では、どうしても情報量や知識、経験に差が出てきます。

その結果、本人が交渉したものの債権者のいいなりの和解となってしまうことも多いようです。

さらに、多重債務で苦しんでいる方は、複数の債権者から借入をしている事が多いですから、各社それぞれと交渉するだけでも大変な労力と時間が必要になってきます。

そのように考えると、やはり手続は弁護士等の資格者・専門家に相談し、任せたほうが良いでしょう。


弁護士に任意整理を依頼するときは、隠し事をせず、すべての借金を打ち明けるようにしてください。

また、手続直前に多額の借金をする事は、その後の債権者との交渉に悪い影響を及ぼすこともあります。

このような注意点も併せて、専門家にアドバイスをしてもらいましょう。

支払いの目安は3年

支払の目安は、大体3年間というケースが多いようです。

圧縮をしても債務がやや多く残った場合は、弁護士が債権者と再度交渉をして、5年間まで支払期間を延ばせる場合もあります。

いずれにせよ毎月の生活や支出を見直して、無理なく支払ができる金額が幾らになるのか、手続を進めていく中で弁護士・司法書士とよく相談をしましょう。

ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
ヤミ金の相談は対応事務所
自己破産・債務整理ガイド
自己破産・債務整理ガイド