債務整理(任意整理)の費用・報酬
アヴァンスレディース
アヴァンスレディース

過払い金返還請求

債務者、つまり借りた人が、金融業者に返し過ぎたお金のことを言います。

たとえばサラ金などで、法で定められた金利を越えた利息で、借り入れている場合、その時の支払った利息と、利息制限法で定められた利息との差額は、本来であれば払う必要がないお金ですが、払ってしまっているお金が、「過払金」です。


もちろん、その場合は取り戻すことができます。

過払い金の発生する仕組み

消費者金融、サラ金などの貸金業者が定める利率と、利息制限法の利率に差があるために、過払い金が発生します。

気が付かなければ、払い損のままになります。


貸金業者は、出資法の上限利率である29.2%はすれすれで貸し付けていますが、利息制限法の制限利率を上回る利率で貸し付けていることが多いです。

利息制限法の上限利率は、10万円未満でも20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上は15%と定めています。

司法書士や弁護士は、この利息制限法の利率で計算しなおして、過払い金を算定し、貸金業者から回収するのです。

長期に渡って、過払いが続いた結果、とっくに返済が終了していたのに返済を続けていた、ということもあります。

その場合には、貸金業者に逆にお金を貸していた、ということなるので、「過払金」に利息をプラスして回収することも可能です。

どのくらいの取引で発生する?

過払い金が発生しているかどうかは貸金業者から取引履歴を取り寄せて利息制限法で引き直し計算をする必要があります。

過払い金が発生するかどうかはケースバイケースで一概に何年以上取引があれば必ず過払い金が発生するとはいえませんが、一般的には5年以上取引があれば過払い金が発生している可能性があり、7年以上であれば過払い金が発生している可能性が相当高いでしょう。


ただし、直前に多額の借増しをしていたり、小口の借入れを頻繁にしている場合は取引期間が10年以上であっても過払い金が発生しない場合もあります。

ヤミ金解決のエストリーガルオフィス
ヤミ金の相談は対応事務所
自己破産・債務整理ガイド
自己破産・債務整理ガイド